FC2ブログ
Page to Top

ベジタリアンの行方

ベジタリアンの医学 (平凡社新書)ベジタリアンの医学 (平凡社新書)
(2005/02)
蒲原 聖可

商品詳細を見る

先日ビートルズのポールマッカートニーが再婚をした。そこで思い起こすのは13年ほど前に56歳という若さで乳がんで亡くなった元の妻リンダマッカートニー.
ベジタリアンであったにもかかわらずです、しかし彼女はラクトベジタリアンだった。ビーガンを理解している人は,うーんやはりと思うかもしれない。「地球と私のべジタリアン料理」という出版した料理本によると「ポールも私も神経系統を持った動物、牛、羊、豚、鳥、魚もいっさい食べないことにしている」と。ただ掲載の料理には、生クリーム、牛乳、サワークリーム、チーズが多く使われていた。・・・・

いろんなベジタリアンの分類があると、この書によってわかった。
ラクトベジタリアン「乳製品や卵をとる」、ペスコベジタリアン「魚介類を摂取する」ポゥヨゥベジタリアン「家畜の肉を摂取する」オボベジタリアン「卵製品を摂取する」 ビーガン「動物性食品を厳格に避ける」これをひとくくりにしてしまうものかと。

自分の中ではすでに答えはでているが、数学の答えのように、これで間違いないというものはないのである。科学も医学も日々進化していてこれからの新発見は注目しよう。
乳製品の怖さを知って、プチベジタリアンをめざし半年、随分と肉料理は減り、日々工夫をしているが、やはり肉も魚もないと、
食卓が寂しいものになり行き詰ってしまう。なので時々ベジタリアンです。たまの手軽で安い、すきやの牛丼はおいしい!!!ちょっと胃が重くなりますが!!!

スポンサーサイト



Comment

Post comment

Secret