FC2ブログ
Page to Top

着物のはぎれ「紺の紗でジャケット」

                                紺の紗でジャケット
201808060939315b0.jpg
わずか残っている乙女心をくすぐる、このフリフリひらひらのブラウス。
ですが、この年になって、もろに二の腕を出せなくなった。
そんな時、真夏でもちょっとははおれる、紗のジャケットはとても役に立つ。
熟練者の作品ですが、長きにわたり、リメイク服を作っていると、反幅を生かして、何気ない襟ができてしまうという、
こんなアイデアは作り続けているからこそ、生まれるんですね。
20180820170125b51.jpg
20180806093631be1.jpg麻のきものを柿渋染して作った、ポンチョ風チュニック。
なかなか自分では、染められない柿渋染ですが、とてもいい風合いが、人気ですね。
ネットと違い試着できるのが、実店舗の良さです。えらく気に入った方がいらして、是非にと。
201808191628191ed.jpgドレープ感がダントツの兵児帯。着回しがきくので、一枚は持っていたい。
20180806093656c63.jpg
インナー一枚着て、その上にさっとかぶれば、エレガントなチュニック。オフホワイトの絽のドレープ感が、しなやかに着こなしを手伝ってくれる。
とても涼し気です。

店主レビュー
誰しもが、もう二の腕は出さないと、真夏でも五分袖ぐらいのシャツを着てこられます。逆にそでがあったほうが涼しいとも言ってました。若き頃の二の腕は何処えやら!それでもこの酷暑!フレンチスリーブぐらいは、着ちゃってます!
すべてがリメイク服熟練者の作品ですが、紗、絽、兵児帯などのリメイクものは、着心地ぴか一です。
見事に時代を引き継ぎ、蘇った作品でした。
スポンサーサイト