FC2ブログ
Page to Top

着物のはぎれ[繕いの美モスリン]

                                  モスリン花尽くし「繕いの美」

ただ今在庫整理をしております。
小穴布あて補修があまりにも多く、掲載しにくかったものですが、あえて「繕いの美」として載せました。
大正あたりの、かなり古いものですが、よほど気に入っていたのか、ほとんどの個所に小穴繕いがあります。
深い赤地に紫、ピンクのぼかしの花尽くし。とてもかわいらしい絵柄です。

                           赤木綿の補修の表は「テントウ虫」みたいです
裏に木綿の赤い布をあて丁寧に丁寧に縫われ、穴の部分もかがってます。だいたいの着物の繕いは、少し薄くなった時点で当て布がしてあります。このモスリンは穴のあくほど使い込み、それでも繕って、捨てがたく着ていたのではないかと思います。
共布で当て布をすると、表には、ひとつの変わった花柄として現れる。

以前イベントを開催したときに、たくさん買い求めていただいたお客様から、あて布補修があったのでと1枚返されました。また
もう一人のお客様は、今時虫食いなんて、なかなかお目にかかれない。このモスリンの虫食いを前面にだした、小物を作っているといっていた方がいました。
価値観大きく分かれるところです。もちろん個人的には後者のほうですが、いつも補修があると食い入るように眺め、どんな方がどんな思いで着ていたのか、想いをはせます。
スポンサーサイト