FC2ブログ
Page to Top

クレイジーキルトの木綿ポーチ

                              クレイジーキルトの木綿ポーチ
DSC_0456.jpg
19世紀の終わりにビクトリアンクレイジーキルトなるものが確立し、余り布を土台布に思い思いに継ぎ合わせたのが始まり。
20191123170455d62.jpgこちらクレイジーキルトっぽくないですが、パッチワークに刺繍ステッチを施すと、クレイジーキルトと呼べるのではないかと思います。
柔らかい発色の木綿を継ぎ合わせ、ふっくらと手触り優しく、味わい深いポーチです。
20191123170639555.jpg
20191123170708b98.jpg
こちら、まさしくクレイジーキルトですね。ネットで見本にと手に入れたのですが、細かさに感動です。
キルト芯に直接はぎれを縫い付けていく手法は、特に決まりはなく、次から次へと縫い付けていくと、タペストリーになります

クレイジーキルト
パッチワークの手法の一つで、フランスで19世紀の後半に流行したヴィクトリアンクレイジーキルトは、
シルク、ベルベット、ウールドレスなどの上質な残り布が使われ、大変豪華なものでした。

店主レビュー
今年ちょっとワクワクしたものです。
お気に入りのはぎれが、少しずつなくなっていくのが、ちょっと寂しい気持ちになるなあと思った時に、
このクレイジーキルトにして残したらどうかという思いが、ひらめきました。
縫い方に細かな決まりはなく、自由に、好きな形につないでいく、これならできるかなと。
やってみたいもののひとつに加わりました。

スポンサーサイト



洋風な生地でサコッシュバックバック

                  フランス生地でサコッシュバック
20191115115536305.jpg
 鎌倉スワニーで無料講習会のバックづくりを体験してきました。すべての材料が揃う「スワニー」はモノづくり好きには夢のような場所です。総勢50人ほどが参加。二人ほどの講師の方が、親切丁寧に教えてくださいました。

20191115115551985.jpg

表地裏地を選び、どれもがとても高級な生地で仕手が、少しの生地でバックができました。

サコッシュバック
聞きなれない言葉でしたが、フランス語でバック、カバンを意味し、要はショルダーバック、ポシェットのことですね。
一般的ではないですが、言葉の響きが、いいですね。

店主レビュー
目の前にたくさんのはぎれを目にしながら、やはり自分で作らなければ、という思いが募り、
バック作りに参加してみました。初作品です。そこそこのものができました。
「もういいわ」「また作りたい」と別れるところですが、面白いです。
日常に役に立つものは、出来上がると、ちょっとうれしい気持ちになります。