FC2ブログ
Page to Top

着物のはぎれ「浴衣で水引のれん」

                               浴衣地で水引のれん
20180826185509722.jpg

すっきりとした枡柄の水引のれん。お袖2枚分を使って涼し気に気分転換

水引のれん
本来水引は、贈答品や封筒などに取り付けられる「飾りひも」のことですが、主に装飾が目的で使います。
40㎝ほどの長さで、奇数枚数だと余りが出るので、商売には良いとされる。
暖簾とはちょっと違う使い方ですが、色や絵柄を工夫することで、お店も部屋も手軽に飾れて、気分も一新です。
季節ごとに「水引のれん」楽しんでみたいと思います。

店主レビュー
朝ドラで見かけた「水引のれん」昭和の時代は一般的だったのでしょうかね!
時代の移り変わりで、ワンルームっぽい間取りが多くなり、あまり見かけませんが、
温故知新です。
スポンサーサイト



着物のはぎれ「紺の紗でジャケット」

                                紺の紗でジャケット
201808060939315b0.jpg
わずか残っている乙女心をくすぐる、このフリフリひらひらのブラウス。
ですが、この年になって、もろに二の腕を出せなくなった。
そんな時、真夏でもちょっとははおれる、紗のジャケットはとても役に立つ。
熟練者の作品ですが、長きにわたり、リメイク服を作っていると、反幅を生かして、何気ない襟ができてしまうという、
こんなアイデアは作り続けているからこそ、生まれるんですね。
20180820170125b51.jpg
20180806093631be1.jpg麻のきものを柿渋染して作った、ポンチョ風チュニック。
なかなか自分では、染められない柿渋染ですが、とてもいい風合いが、人気ですね。
ネットと違い試着できるのが、実店舗の良さです。えらく気に入った方がいらして、是非にと。
201808191628191ed.jpgドレープ感がダントツの兵児帯。着回しがきくので、一枚は持っていたい。
20180806093656c63.jpg
インナー一枚着て、その上にさっとかぶれば、エレガントなチュニック。オフホワイトの絽のドレープ感が、しなやかに着こなしを手伝ってくれる。
とても涼し気です。

店主レビュー
誰しもが、もう二の腕は出さないと、真夏でも五分袖ぐらいのシャツを着てこられます。逆にそでがあったほうが涼しいとも言ってました。若き頃の二の腕は何処えやら!それでもこの酷暑!フレンチスリーブぐらいは、着ちゃってます!
すべてがリメイク服熟練者の作品ですが、紗、絽、兵児帯などのリメイクものは、着心地ぴか一です。
見事に時代を引き継ぎ、蘇った作品でした。

アンティーク「昭和レトロガラスの風鈴」

                  アンティーク「昭和レトロガラスの風鈴」
20180805221040709.jpg
風に吹かれて小さいながらチリーンと響きます。
レトロガラスを使って小さな小さな風鈴にリメイクです
20180805221141abc.jpg大きさわずか2㎝×3㎝ほどの薄い昔のレトロガラスです。
金魚鉢をひっくり返したような形が何ともかわいい。
201808052211197db.jpg
2018080522123093e.jpg

こちらは有田焼の風鈴。陶器と陶器の接触音はリンリーンと何とも透き通った軽やかな音色です。

店主レビュー
最近風鈴の音を聞かなくなった。あまりにも一日が早く過ぎ去り、チリーンと風になびく風流なひと時を忘れてしまった!
今年は「危険な夏」今までになかった言葉ですね。そんな時に小さな一つの風鈴吊り下げて、
ちょっと昔のゆったりとした生活を思い出してみたいですね。