FC2ブログ
Page to Top

半幅帯のはぎれでミニトートバック

                       半幅帯でミニトートバック
 帯のはぎれでミニトートバック20180324102540ddd.jpg「お客様の作品」
20180324102622085.jpg
広げてかぶせて、裏地なしの201803241030186ea.jpgシンプルブックカバー「日本の家紋集保存版用」
20180324161402e0c.jpg明るめのレンガ色に金彩のラインに桜柄がかわいいです。
店主レビュー
ちょっとしたトートバックはいくつもあっても、気に入るとまたほしくなる。
気分に合わせて、使い分けて、楽しみの一つです。
帯地は結構しっかりしていますので、接着芯を貼ることなく、シンプルであれば、手軽に作れる。
大事なことは自分が気に入った絵柄であることですね!
スポンサーサイト



さらしの刺し子ふきんと蚊帳生地の雑巾

                         さらしの刺し子ふきんと蚊帳生地の刺し子雑巾


いただいたものですが、虹色の刺し子糸で鶴と抽象柄の刺し子ふきんです。
さらしは手触りが柔らかく、何とも温かみがあります。
2枚重ね端はミシン縫いです。
何に使おう?ふと思い立ったのが炊飯器のほこり除け。ごちゃごちゃしてしまう台所ですが、ちょっと心が和みます。

大好きな蚊帳生地で刺し子してみました。普通の木綿糸でチクチクと、無の境地で何も考えず、針が進みました。

店主レビュー
東北地方の防寒と補強から始まった伝統文化刺し子は500年もの歴史といろいろな技法があり、昔の埋め尽くされた刺し子の着物
を見ると、気の遠くなるような時間を察することができ、息をのみます。
今新たに価値が見直され、ポーチ、バックに、リメイク服に刺し子技法が加えられ、付加価値か生まれています。

作りかけのキットがいくつもがある中、あまり考えずに、ただただチクチクするだけというのは、つい手に取りたくなる手軽な手仕事です。
ちょっと遅いですが、今年の事始めは刺し子にしました。
いろんな技法にとらわれず、基本の基も知らず、手元に置き、まずはチクチクしています!

着物はぎれで風にそよぐ春の上着

                  着物はぎれで風にそよぐ春のベスト風の上着
淡いグレーの正絹着物のリメイク服が届きました。
何とも上品な色味の柔らかなリメイク服です。
2018030913373132e.jpg
たっぷりと身幅60㎝、着丈75㎝、お袖は直線立ちですが、ドレープ感があるのでしなやかです。
201803091337016ea.jpg
手作りコーナーにて販売しております。 4000円



一つは持ちたい銘仙のチュニック
銘仙独特の色味とつや感が素敵ですね!
20180309135200f81.jpg2018030913384930e.jpg
外人の方なのに日本の
古布に魅せられて、丹後半島の縮緬工場見学まで行ってしまう力の入れようです
スマホで見せていただいた作品の数々どれも素晴らしい。
日本にいらしたばかりで言葉が通じず残念な思いをしています。
20180309132401bb4.jpg20180309135216ffe.jpg人気の織旗、型染めを配して素敵です。


さぞや高価だったことでしょうと思われる織旗の武者絵!
絵柄の存在感でついつい見入ってしまう色使いの素晴らしさ!
20180309132149b28.jpg
20180309135252356.jpg20180309135307477.jpg
エキゾチックなお顔立ちに、華やかな和モダンが良く似合います。
すべてご自分で作るという器用さ、うらやましい限りです

店主レビュー
古布に寄り添い、リメイクものを日々まとうのが夢ですが、こうしてご自分ではぎれでリメイクされたものを着てくる
お客様に逢うと、結構刺激を受けます。
昨年は随分チュニックをつくっていただきましたが、今年は自分で作る!が課題です。

着物のはぎれでミニお雛様

                              着物はぎれでウサギのミニお雛様
   

製作者の依頼でお店に展示しておりましたが、欲しい方がいらしてお譲りしました。
可愛いですね
木製の台を付けて飾り物らしく、形になります。

ペレットというお米のような粒粒が入っていて、適度な重みで安定しています。


店主レビュー
先日何でも手作りする方ですが、時々とてもよくできている小物を、自分にご褒美として買うことがあるのよと
おっしゃっていました。自分で作ったものが完成したときの達成感と気に入った小物を手に入れた満足感は、また違った癒しがあるんでしょうね!