FC2ブログ
Page to Top

木綿絵がすりでコースター

着物リメイク「木綿絵絣糸巻き柄と子供着物胴裏の赤でコースター」
木綿を使ってちょっとあると便利な20160919153529a63.jpg絵絣と赤木綿のコースター
2016091915385794a.jpgこれは20年も前に、母と作ったコースターです。実家に残ってました。
和裁も洋裁もできた母は、4人姉妹に子供のころ随分と、洋服を作ってくれてました。
小学校の時に作ってくれた、白地に水玉のワンピースは、とても気に入って、今でも鮮明に覚えています。
皆が大人になり、作るものもなくなり、繕いものばかりしていたので、一緒に手縫いで何枚か作りました。
今となってはとても高価な絵絣ですが、その時には、知る由もなく!
母は5年ほど前に他界してますので、はぎれの残りは?と聞くこともできません。
201609191539563cf.jpg少し使ったと見えてだいぶくすんでますが、木綿はとても丈夫です。まだまだ使えそうです。
赤く染まってしまったのは、洗ったのではなく、たぶんグラスの水滴で、赤木綿が色移りしたのではないかと。
20160919153829096.jpg
洗いが必要なものは、注意しなくてはなりません。そこで左から羽二重、紅絹、木綿赤、洗ってみました。
やはり子供着物の胴裏木綿が、とても色が出ます。それでも2回目の洗いでは、さほど色が出ないので、一度洗ってからリメイク
です。
201609191636062c9.jpg


赤く染まった糸巻きのコースターは、ほどいて、液体洗剤で洗い、色物の漂白剤につけたので、だいぶ落ち、裏に使う赤木綿は一度洗い、復活させました。そして20年前のコースターに、手縫いで絵絣チョウチョ柄のコースターが加わりました。
時々何かチクチクと手縫いしたいなと思う時があります。その時のために何組か裁断して、楽しみにとっておきます。
スポンサーサイト