FC2ブログ
Page to Top

着物帯のはぎれ[懐紙入れ]

                帯地のはぎれで懐紙入れ
知人の作品
帯地のはぎれで懐紙入れ「UL640}

もともと懐紙いれはお茶席で使うものなのです。茶道はごく限られた方の小物ですが、今は様々な使い方があります。
いただいたので、茶道のたしなみがない私は、通帳いれに。

17㎝×11㎝と小さめでシンプルなので、留め金はフラットに仕上がる小さなホックを着けました。ちょうど6冊くらいが、ベストで、早速使っています。端は千鳥りかがりがしてありますが、芯地を張ってからの手縫いは、結構たいへんだったとか。手になじみとても使いやすいです。

                大島紬の染め大島で、懐紙いれ

深い赤地に繊細な絵柄の染め大島で懐紙入れ16㎝×11㎝「UK8860}」

これもいただいたのでメモパット入れに。
まるで頼んでつくっていただいたかのように、ぴったりフィットしました。
唯一滑らかな書き心地で、気に入っている、ジェットストリームのこのボールペンは我が家に十数本あります。
ホックをつけて、さっと取り出せる、記録アイテムが出来上がりました。
スポンサーサイト



つまみ細工の髪飾り「結婚式」

       結婚式に手作りでつまみ細工の髪飾り
一つ一つパーツを作り、仕上げ20160505181316b53.jpg豪華なお花が出来上がりました。

お母さまが娘さんのために丹精込めて20160508085653f81.jpg作り上げた、プロ顔負けの素敵な髪飾りです。
20160508200153172.jpg
一生に一度の幸せな瞬間に、手作りの髪飾りも手伝ってより一層輝きのあるお姿です。

白無垢に羽二重のつまみ細工髪飾り
20160508215845dc5.jpg2016050819422326a.jpg白一色のつまみ細工髪飾りアレンジが素敵です。


赤と黒のコントラストが、とてもモダンな髪飾りです20160508194151b43.jpg2016050819412535e.jpg
初心者とは思えない完成度の高い作品です。
お母さまお疲れ様でした。古布が今に輝いた逸品たちです

タイ綿のパッチワークトップス

 タイ綿のパッチワークトップスの古着です。
ネットでゲットしたものですが、厚地のざっくりとした味わい深い古着です。少し退色してますが、気兼ねなく
ざぶざぶと洗え、普段使いに。


20160417143538b97.jpg

時々、火野正平さんの「こころ旅」を見ていましたが、こはぜ「足袋の止め金具」を袖口に使ったリメイク服を目にし、
すっかりファンになりました。まとめてビデオにいれて研究してますという男の方、参考にしていますと女の方。
近頃珍しくいい番組と好評判です。色味がアンティークで配色が素敵なものが多い。
重ね着がブームとなっていますが、1枚で表情の出る、リメイク服にとても興味があります。

着物のはぎれで、作ってみたいと思いますが、布合わせ、とても難しい、好みにもよりますが
長年着物はぎれに親しんでいる方は、木綿がいいわねと言います。日々着るものは、気軽に洗えるので、木綿
が人気です。

   

着物のはぎれ「花魁ネズミ」

           着物のはぎれ「おいらんネズミ」
縮緬の白でネズミ、作り、背中に花尽くし20160424131725423.jpgの飾りを付けた、華やかな姿です。
201604241317556d8.jpg
つるし飾りの講座に通っている、知人の作品です
本来の「花魁」とは江戸時代の吉原遊郭の位の高い遊女の帯をまえむすびにして、豪華に飾った姿のことですが、これは縮緬で作った白いネズミに、それだけでは、寂しいので、背中につまみ細工の小花を飾った。その姿が「おいらん」に似ていたことから、名付けたものと思われます。