FC2ブログ
Page to Top

第7回吊るし飾り展示会2016年3月9日

                                
                              第7回つるし飾り展示会
                    2016年3月2日~9日開催「三浦半島最大級の展示会」
                        神奈川県横須賀市メルキュールホテル横須賀 
                              201603101520385da.jpg

                            

日本三大つるし飾り「福岡のさげもん」「山形の傘福」「伊豆稲取の雛つるし飾り」のひとつである「傘福」が今年のメインテーマ
総勢60名ほどのクリエイターさんの作品が、華やかに、きらびやかに展示されていました。
20160310122017855.jpg
20160310121942a0d.jpg

<傘福は山形県酒田市の江戸時代から伝わるもので、一つ一つこころを込めて作ったものを傘につるし子供の健康を祈ったといわれています。
20160309143109258.jpg知人の出品作品です20160228163056cc0.jpg
201602281625395d0.jpg

>一つのものをつくるのに、多くの時間をかけ、その集大成が傘福の飾りとなり、製作者は思いもひとしおかと。

中でもひときわ注目を集めていたのが、先生方の作品と言われた「ぶすっこおひなさま」
ユニークかつ使われている古布のすばらしさと細やかな細工に感動でした。芸術品です!
       201603091148288a7.jpg


小さなはぎれから小物に表現するには、知恵とセンスの見せどころです。
色鮮やかに今も輝いている古布の蘇りの瞬間です。
20160228162518f32.jpg2016022816274082b.jpg
20160228162636f73.jpg
201602281624335e1.jpg
201602281624161ab.jpg20160228162959b69.jpg20160310121428f62.jpg



スポンサーサイト



着物のはぎれ[扇子型の吊るし飾り]

                               モスリンはぎれで扇子型のつるし飾り 
モスリンの着物は発色のいいものが多い、100年もたったものが、色褪せず美しい色には、いつも驚かされます。
もちろん着用のおおかったものは、少し色褪せているものもありますが、それでも味わい深いものです。


少し手を加えることでこんな素敵なつるし飾りができます。「友人の作品」
少し剥げているところもありましたが、紺地に赤い花。コントラストが素敵なはぎれでした。
淡い色あいの子供女子着物。
優しい色あいがとても素敵なはぎれでした。
とても人気のあった、まぶしいぐらいの紫地に華やかなピンクのぼかし花。

定番の鶴と鹿の子柄。もっと鮮やかなオレンジでとてもきれいでした。
いつも思うのは色が忠実に画像に現れず、伝えきれないものが多いこと。各々のパソコン環境により、微妙に違った色に出てしまうことです。

以前自宅にいらしたお客様が、ここの柄だけ欲しいとおっしゃったことが、一つのヒントに、小さなはぎれも掲載しています。
このつるし飾りを見ると、ほんのひと柄で、こんなに素敵なものができるんですね。
染色のものは、アイロン時にとても染料のにおいが強いですが、昔の絵画的な絵柄には、驚くばかりです。