FC2ブログ
Page to Top

着物のはぎれ[ヨーヨーキルトでお花のバレッタ]]

                   着物のはぎれ「ヨーヨーキルトのバレッタ」

アンティーク色の着物のはぎれとリバティ生地、アンティークレースを使ってヨーヨーキルトのバレッタを作ってみました。
私自身バレッタは使いませんので、近所の綺麗系女子にモデルになってもらいました。
何でも使ってみなくては、付けてみなくては、イメージがわきません。
「可愛いね、和だね」と。
もともと持っていた、シンプルな葉の形をしたスエードのバレッタ約9㎝を使い、
ボンドでヨーヨーキルトを張り付けました。
バレッタ素材の金具にフェルトを縫い付けてもできるかと思います。
20150920142401c0e.jpg
直径7㎝の円のはぎれを縫い代5mmほどを縫い込んでいくと、2.5㎝位のヨーヨーキルトができます。生地が薄く柔らかいほどきれいなドレープができ、繊細なヨーヨーキルトができます。配色が難しいですね。ヨーヨーキルトを作る時間より、色のとりあわせにとても時間
がかかります。わずかな時間でできるので、気に入ったはぎれがあったら、暇をみつけて、いくつか作っておくと、小物を作っている方は、ポイント使いに、何かの時に役立つかもしれないです。
スポンサーサイト



帯のはぎれとコハゼでポケットティッシュカバー

                   はぎれと半月板コハゼで「ポケットティッシュケース」

刺繍入りの半巾帯で作ってみました。15㎝巾の帯を織り込み織り込み、切らずに9㎝×13㎝のカバーにしました。一般のカバーより一回り大きめですが、表地と裏地で、しっかりしたものができました。縫製のキャリアが少ないので、なるべく縫うところを少なくと、知恵をしぼります。

ストレスを感じるところは人それぞれですが、少なくなってふにゃふにゃになるストレスを帯地で、取り出す時のフィルムの引っかかりが気になるストレスを、取り出し口、フィルム見える化に。

先人の知恵に学ぶ

昔の懐紙入れのほとんどは、この半月板コハゼが付いています。しかも象牙です。象牙のコハゼ1個1200円・・・うーんちょっと買い渋りました。とりあえずプラスチックで!

いろいろポケットをつくれそうですが、ここはシンプルにティッシュのみ。入れるとすれば、ちょうど端にバンドエイドが入ります。緊急時に1,2枚。

気に入ったものがなかったので、普通にカバーなしで持っていましたが、今使っています。地味めなので、ずっとおばあちゃんになっても使えそうです。無くさなければですが!

ちょっと寄り道[リバティ生地]

                         リバティ生地
                      20150906105842804.jpg
イギリスのリバティ社がオリジナルに開発した上質なシルクの艶と手触りを持った木綿生地
100年の歴史を持つリバティ社の細かく繊細な花模様は「リバティプリント」として絶大な人気を誇る。
ちょっと前までリバティ生地というのは綿の固め生地と思ってました。
とりよせてみて、何と柔らかな絹のような手触りとしなやかさで、ものづくりに人気のある秘密がわかったような気がします。

年に2回発表されるシーズンコレクション 多くの柄が次々と現れ、ファンの方たちは目が離せない。

リバティープリント タナローン イルマ
20150906105900531.jpg水彩画のような すっきりとしたとてもきれいな花柄で人気です。
思いは引き寄せます。街中で、この生地のノースリーフを着ていた方がいました。ジーンズの上にさりげなく着こなしていて素敵でした。
1メートル3000円あまりする、このブランド生地で洋服を作るとすると、結構な金額になります。
それゆえ、ひとつのブランド服になり、愛着がわきます。是非気に入った柄で1着欲しいものです。

リバティプリントタナローン 
スモールスザンヌパープル
20150906110707c0d.jpgひまわりの絵柄か素敵な、これも人気のある生地です。ハンカチでも作ってみようかと。

日本にもリバティジャパン社があり、イギリスのリバティ社の保有するプリントデザインを使った国産生地の製造販売しているので、わりと手に入りやすい。輸入物は巾130㎝、日本製巾110㎝ということですが、どちらも感触色合い変わりはない。

とっておきの上質な1枚作ってみては!