FC2ブログ
Page to Top

着物のはぎれ[モスリン花柄でアクセサリー置き]

着物のはぎれ[モスリン花柄でアクセサリー置き]
大正時代のモスリン2015022115290248e.jpgとてもきれいな花柄です
201502211529030f0.jpgあちこちに置いておいた、日常使いのアクセサリー
ふと思い立って、作りました。わずか直径19㎝ほどのはぎれに、綿わたを中に入れただけの物。真ん丸の手縫いは、少し無理がありますが、自分用なら、
まあいいっかです。人がふんわりした布団に寝るように、このアクセサリー置きで休ませます。

20150221153246b0f.jpg
表も裏も、華やかな配色で置いてあるだけで、癒されます。羊毛のモスリンは手触りが柔らかで、お気に入りのはぎれのひとつです。
20150221153247aa3.jpg
物も情報も、すべてがあふれています。そんな中で、自分に心地よいものを自分で作る。
大切なことは、自分が心地よいと感じることです。
スポンサーサイト



100年の歴史「大正昭和」
朝日グラヒック「大正12年3月の広告紙」
              201502161149354f3.jpg
大正は15年、平成27年を昭和に換算すると昭和90年 大正からほぼ100年余りにもなる。
ホームページトップに使用させていただいたこの広告紙はメートル法に統一された広告紙のようである
色合いといい、画風といい、まさに大正ロマンを思わせ、とても興味深い。
20150215174034381.jpgこの中にお料理の絵が載っているのは、ちょっと不思議ですが「栄養上から見た高価な料理と安価な料理」とある。昔サバの味噌煮、奈良漬け、エビサラダは高級食材だった。
すっぽん吸い物を外せば、普通に食されている食材なので、和食というものは100年たっても、変わらず続いている日本の唯一誇れる100年の歴史「日本食」のこの絵は感動ものです。

20150215174036944.jpg
大正期にメートル法になったのは20150216114935a3a.jpgこの紙面で知りました。
ちなみに3尺3寸が1メートルに、5合5435が1リットルに。ふうーんって感じですね。

100年の歴史
大島紬協同組合、資生堂、BMW、等多くのブランドが軒を連ねていますが、大正から昭和の初めの着物も
100年の歳月を経ている。この静かに暮らせたいい時代の上質なものを、継承し
お伝えしていきたい。