FC2ブログ
Page to Top

着物のはぎれ[菜の花とアジサイ]

着物のはぎれ「菜の花とアジサイ」
最近造化を買う年配者をよく見かける。お花好きで、なかなか生のお花をいつもいつも飾ってられない。
造化ならいつでも、ずっときれいなままだからと。
確かに決して枯れない造化です。これもひとつの方法ですね。
枯れないお花を古布で作るととてもいいものができます。
知人の作品ですが、とても素敵です。

お花を作るときに役立つのがぼかしのはぎれです。絽に近い薄手の夏着物解きですがアジサイにはぴったりです。

UK5440
35cm×70cm
正絹
夏着物解き

流水に笹の葉の地紋に紫のぼかし
柔らかで何ともきれいな色です
多少柄行がずれます

スポンサーサイト



2014年武の夏祭りピックアップ

2014年7月13日 神奈川県横須賀市武 夏祭りピックアップ
あまりの可愛さに、パチリ
20140716125645c22.jpg
夏がきたんだなと思う瞬間てす201407161301418d4.jpg
20140716130022a2c.jpg
201407161300550da.jpg<ロイヤルショップ/a>
20140716125840453.jpg粋な小物を発見。印伝のポシェット
今は一般的になった男のピアス20140716125905beb.jpg
20140716125719fb1.jpg
<屋台の中で太鼓をたたくまでには、随分と練習が必要です2014071612543487f.jpg
最近は年配者に交じって太鼓をたたく20140716125353414.jpg子供たちが増えてきました。
20140725142739be8.jpg20140723160751351.jpg
風船欲しさに子供が群がっています。
子供にゆめを与えてくれる。ピエロさんご苦労様です。
お祭りもこんなイベントがあると、一味加わり、華やかなものになります。
ほんのひと時ですが、夏の風物詩。神奈川県横須賀市武の夏祭り風景でした。

着物のはぎれ「フクロウ」

着物のはぎれ「ふくろう」20140716130609bbe.jpg
幸せを招くという「フクロウ」小さな小さなおきものです。「不苦労」漢字にひっかけて、苦労がない。など
とても縁起のいい鳥です。いただいたものですが、こんな小さなものなら、飾ってもいい。
とかく小物を作る方は、大事に大事に、しまい込んでしまいがち。使ってこそ古布の小物も生き返る。
玄関にチョコンと飾ってます。

着物「バックチャーム」

着物のはぎれ「バックチャーム」
20140712094537399.jpg金属を何も使わない、バックチャーム。
パールとストーンをつなげて、ちょうど10円玉くらいの大きさを丸くカットし、手縫で仕上げる。
お客様の作品ですが、手縫ならではの優しい雰囲気になります。
ちょっとかごバックのアクセントに20140712093727417.jpg好きな古布のはぎれを使うと、とても愛着がわきます。
2014071209365331f.jpg
些細なことですが、気分で今日は反対側の柄を見せて・・・
「大人かわいい」です

陶芸体験[第3回作品]

                          陶芸体験「第3回作品」

はじめてろくろに挑戦しました。出来上がりはとてもしっかりしたものができました。
しかしです。初めてなので、先生にマンツーマンで、指導を受け、つきっきりになってしまい、仕上げはほとんど先生でした。
これは何回か回数を重ねないとです。かなり苦戦しました。
もう一人絵付けに挑戦した方がいました。素焼きのお茶碗に
世界遺産の富士山を描いて、とても味わい深いものができました。
なんと90歳のおばあちゃんです。
 
何人かが初手法を経験し、回を重ねるごとに、面白味が増してくるものだという感想です。
「ものづくり」の魅ロイヤルショップ力は、こういうところにあり、いつしかはまってしまう人の気持ちがわかるような気がします。