FC2ブログ
Page to Top

今年の干支「午」ウマ

             今年の干支「午」ウマ

遅ればせながらですが平成26年は午年「うまどし」です。知人の手作り品です。なかなかしつかりしていて、とても完成度が高い。手作りというより、ひとつの商品ですね。高さ15㎝位あったでしょうか。たてがみも作ったようです。
3頭とも、お見事です。


午年で思い出したのですが20140424131855d40.jpg以前韓国の昔のドラマを見ていた時に、「ミノコク」「ネノコク」という言葉がでてきて、時間のことだと漠然とおもっていました。

正午 午前 午後の言われ
昔時刻を12支の干支で表していました。午前0時前後の2時間を子の刻「ネノコク」それ以降を2時間刻みに、干支で表していました。そしてちょうど12時が午の刻「ウマのコク」正午となり、12時を挟んで午前、午後となった。
方角も子が北、午が南、卯が東、酉が西。
12支の干支ぐらいは言えますが、今年の干支「えと」は午「ウマ」。こんなことで調べない限りちょっと読めなかったりします。覚えておこう。
スポンサーサイト



帯地のはぎれ「花丸文小花刺繍の帯」

花丸文「菊 梅 水仙などさまざまな花葉や枝花を丸くまとめて図案化した文様」
友禅染めの創始者である宮崎友禅によって流行したと言われている。
優雅で古典的な文様として20140421142303ed5.jpg現代でもよく用いられている。
20140421142320fe0.jpg
着物も帯もですが、解く前の全体の印象とはぎれにしたときの印象は大きくイメージが変わる。
そしてそれを細かくデテールにすると、まったく違うものになる。

小物やいろいろなものへの発想が広がります201404212326381ea.jpg

帯地のはぎれ
UK5410 800円
29cm×35cm
花丸文直径約5㎝

正絹
刺繍部分はレーヨン
とてもしなやかです
地色黒に近い紫 玉虫様のテリがあります
黄色く写っているところは金彩です
帯芯と裏地の無地は同サイズつきます

ロイヤルショップ

着物のはぎれ「お地蔵様」

わずか8㎝ほどのお地蔵様。まとう着物は地味なほど可愛いと思います。
知人の作品ですが、つるし雛を作る方は1つは作っていますね。
着物のはぎれ「お地蔵様」20140417111118bdb.jpg
よーく見るとお数珠を持っている。うーん!とても芸が細かい。2014041711115223e.jpg
黒糸1本で優しい顔も怒った顔も201404171111342fe.jpg
どんな表情にもなるお顔。優しい表情に仕上がっています。

お地蔵様「地蔵菩薩」
地は大地、蔵は包み込む。
さまざまなところに現れ、私たちを苦しみから守って下さる仏様。

施餓鬼法要「せがきほうよう」
お地蔵様の足下には餓鬼界の入り口が開いているとする説が広まり、水を注ぐと地下で永く苦しみ喘いでいる餓鬼
の口にその水が入る。
慈悲を通した水は餓鬼ののどにも届きしばらくの間、苦しみが途切れると言われ「その間にお供え物、経文を聞かせて
成仏を願うのが、施餓鬼の法要の一端である」

餓鬼「生前の悪行の報いで餓鬼道に落ちた亡者」


母がお施餓鬼お施餓鬼とよく口にしていた。意味が少しわかったような気がします。
お墓参りのときに入口にお地蔵さまが祀ってある。いつも素通りしていましたが、こんな説があると解ってから
帰り際にお水をかけ手を合わせるるようになりました。
諸説ありますが、調べた中から抜粋して、私なりの理解で。
とても興味深いことなので、備忘録として記しておこう。

鎌倉宮骨董市

鎌倉宮骨董市
20140416191520cc4.jpg
神奈川県鎌倉市

毎月第三日曜日開催出店40店舗20140416191538a29.jpg

ほとんど着物帯はありませんが<20140416122211b44.jpg片隅の段ボールに隠れて、
大正時代のモスリンはぎれ見つけました2014041612215820e.jpg結構ボロボロでしたが、優美な牡丹の花が、美しい!!
はぎれをあつかうようになって、美しいものに対する感性が豊かになったような気がします。
20140414153147155.jpg
最近は20店舗位の規模です。食器類が多く、たまに着物、帯専門に出ていることがありますが、2万3万と着用する方
のためのもので、それでも2万はお安いはという感じで、さすが鎌倉です。

着物のはぎれ「ピンクッション、補助針山」

着物のはぎれでピンクッション20140405115236549.jpg

20140405115450e6a.jpgずいぶんと布あて補修や虫食いがあるモスリンですがなんともアンティークな色合いです。花柄や人物などたくさんの絵柄があるものは、あらゆる用途がある。
こうして一部のえがらが針山になり
経年にも関わらず、鮮やかな色がきれいに残っている
お客様の作品ですが20140405115417de9.jpg昔のはぎれが、形を変え、新たに時をきざみます。
ほうずきのお手玉のようですが縫い針だけの補助針山。
重宝してます。