FC2ブログ
Page to Top

藤の花


春のバラが咲くまでの短い期間に藤の花は咲きます。鉢植えを地植えにして、7年目。庭に出た時に、いつもある緑はきれいですが、常に何かしら色があると、気持ちが華やぎます。庭の紫は少し地味ですが、ひっそりと、華麗に咲き乱れます。
スポンサーサイト



裕福病の食習慣

葬られた「第二のマクガバン報告」 (中巻)葬られた「第二のマクガバン報告」 (中巻)
(2010/06/21)
T・コリン・キャンベル、トーマス・M・キャンベル 他

商品詳細を見る

驚くかものれないが、「ガンのための特別な食事」「心臓病のための特別食」などないのである。ガン予防に役立つものと同じ食事が心臓病の予防にも役立ち、同様に、肥満、糖尿病、白内障、アルツハイマー、骨粗鬆症、そのほかの病気の予防にも良いことを、今や世界中の研究者によってあつめられた証拠が物語っている。さらにこの食事は、その人だけの遺伝子や個人的な体質に効果があるというのではなく、すべての人にに公平に役にたつのだと。
それは「欧米風の食習慣」を絶つ。この裕福病をすべて防いでくれる食習慣は「プラントベースでホールフードの食事」精製された白米、白い小麦粉で作られたパスタや白いパン、砂糖を加えた清涼飲料水などはできるだけ避け、未加工の新鮮な果物、野菜、加工、精製されていない「複合炭水化物」を含む食品を食べるべきであると。
著者の義母が51才のとき、結腸がんで亡くなった時「栄養が健康にとって意味するもの」について誰一人として知らなかった。あれから30年余り経過した現在でも、状況はたいして変わっていない。
あなたの知っているガン患者や、ガンになるリスクがある人のうち「回復の確立を高めるため、プラントベースでホールフードの食事をとり入れよう」と考える人はどれくらいいるだろうか。ほとんどいないのではないかと思う。おそらく彼らにもまた、このような知識がないのだろう。健康関連機関や情報提供に関わっているマスコミは、私たちの役にたっていない。ガンの関連機関でさえ、こうした知識や研究結果について、なかなか信じることさえしたがらないのだと。私自身今病気ではないので、最小限のできることはやっているが、もし病気になったら、熟読し、この書に忠実に、あらゆる努力をしようと。しかし今すべてを改善すれば病気にはならないと。