FC2ブログ
Page to Top

お正月のお飾り

                          稲穂と水引でお正月のお飾り
DSC_0796.jpg

                      新年あけましておめでとうございます
                     本年もどうぞよろしくおねがいいたします


20181231163040e5d.jpg淡路結び
お花屋さんで1本50円で水引を買い、動画を見ながら作りました
淡路島の渦潮がモチーフだとか!
20181231163101c77.jpg
稲穂
一年に一回ふっくら膨らんだ稲穂にお目にかかります。楽しみのひとつです

店主レビュウ
今年も一年が始まりました。
昨年暮れにいらしたお客様が、グループで小物をつくっていて、小さなはぎれの山にえらく喜んでいただきました。
一歩入った中通りにあるため、なかなか趣味の域を越えられない実店舗ですが、こんな小さな出会いは、一つの楽しみでもあります。はるか遠くのネットショップのお客様もコメントを交わすだけですが、まるでお逢いして会話を交わしたような感覚になり、何か
人間性が伝わってくるのは不思議です。
いつもマイペースです。備忘録のように、今年もこんな感じでいきます。


和装小物「帯締めを使って石畳編みのショルダーバッグ」

                       和装小物「帯締めを使って石畳編みのショルダーバッグ」
201807251726335c5.jpg二つ目の注文で小さなショルダーバックを作りました。
若い子のの注文とおもいきや、「おしゃれなおばちゃま」年配者のオーダーです。
はぎれで作ったコサージュをポイントにつけ、夏ならではのかごショルダーバックです。
日々持ち歩いているうちに、目になれ似合ってくるから不思議です。
2018072517270621a.jpg
時々コサージュで気分を変えて
20180725172807078.jpg帯締めは絹糸を結構使っているので、しっかりしています。揺れるフリンジがポイントになり軽やかです。
20180725172843894.jpg

大事なお財布は巾着に入れて押し込み、扇子入れに扇子を入れて持ち歩くなんて、ちょっと粋ですね。

店主レビュー
何気ない日々にこんな楽しみ方はとても素敵だと思います。年を重ねるといろいろなものがそぎ落とされ、外出には
お財布とハンカチと薬ぐらいあれば用が足りるようになる。
斜めがけバックで両手が空き軽やかな動きになり、行動も広がり、リズム感が出る。
そして何より素敵なのはオンリーワンです

エコクラフト石畳編みのカゴバック

                         エコクラフト紙バンドでカゴバック
201806151344528e5.jpg
水ににつけて形を整えればすっきりした形になります。
以前ハワイアンキルトのお教室で、お仲間から伝授いただきました。
ランドリーボックスやら野菜かごやら何でもこのかごを使っているとのこと。
あえて石畳編み、この色、あえてニスを塗らず自然の風合いを生かして。
201806151345420c1.jpg
20180615140242a79.jpg
4本取りにすると小さめの頑丈なかごができます。
201806151403030e0.jpg
201806151403214a4.jpg物入れに10年近く使っていますがへこたれません。
伝授していただいたときに作った野菜かご
私が作ったのはこれ一つのみ。
力任せに作っているうちには、指紋が消えてしまうとか!少々腕の力がいります。なので旦那ちゃまに引き継ぎました。
20180615140359f2f.jpg
丈夫なはずです。よくよく見ると三重にもなっています。一つのかごを作るのに30メーター1巻使ってしまいます。

店主レビュー
以前骨董市で、物入にしていたものを、数人の方から、これ売り物!と声をかけられました。一つお譲りし、
お店で一つ。いいもの再発見です。
あえて石畳編み、あえてニスなし、あえてこの色。

レース糸で小さながま口

                             レース糸で小さながま口
                          黒のレース糸で小さながま口の小物入れ
編み物のとても得意な方が、こんなにかわいいものを作ってくれました。すでに販売済みですが、小物好きの方は瞬時に
可愛いと感じると、千円足らずのものは、ついつい買ってしまいます。
「製作者さんはネコと言い張るのですが、どう見てもクマです。まあ可愛ければどちらでもいいですね!」
20180425182644fed.jpg

20180425182748d9d.jpg
こちらはイチゴに小さなハチが止まっています。可愛くておしゃれな小物です。


店主レビュー
バックの中にこんなにかわいいものが入っていると思うと、ちょっと幸せ感があります。
古布に限らず、一本の糸から形ににする楽しさは、モノづくりの醍醐味です。
私自身編むものはやりませんが、作り物は何でも作る習慣をつけると、うまくいく!
といつも自分に言い聞かせてます!いまだに習慣化されていませんが!

花柄の綿麻ジャガードラミネート生地でポーチ

                    花柄の綿麻ジャガー度ラミネート生地でポーチ
201607161759163e7.jpg
昨年購入してあったラミネート生地で、実はオーダーして作っていただきました。
何か入れ物をつくるとしたら、ラミネートだと裏地がいらないと思いましたが、ファスナー付けの経験がないので、進みませんでした。近くにクリエイターさんのものを集めて、手作りのものを販売しているお店がありましたので、お願いしました。
さすがきれいに作ります。
透明シートもつけていただき、とても使いやすい
定型サイズ最大限度のサイズが12㎝×23.5㎝で、ほとんどの通知書がこのサイズで送られてきます。このサイズが入れやすいように14㎝×26㎝のものを作ってもらいました。ずっと探していましたが、ありそうでないポーチの大きさです。

ファスナー付けをクリアーして、次回は自分で作ろうと。