FC2ブログ
Page to Top

武山ツツジ祭り2015年5月3日~5日

武山不動尊つつじ祭り{ツツジ5分咲き」1015年4月26日記
このまま良いお天気が続けば、つつじ祭りのころは見ごろとなるでしょう
神奈川県横須賀市武201504261609391be.jpg「武山つつじ祭り
20150426160940109.jpg
今年は折り紙のお細工ものが飾ってあります20150426160941c73.jpg
大振りの20150425100129382.jpgピンクのチューリップが可愛いです。
唯一近隣で行われるイベントですが、車で数分、たまには40分ほどの自然を眺めながら、歩くといいのですが、
ついつい車で行ってしまいます。いつかは歩いて登ろう!

世界遺産「富岡製糸場」群馬県

                         富岡製糸場
国指定史跡「国指定重要文化財」20141110133149639.jpg明治5年創業から140年たち、操業停止
昭和62年から26年ほどたった今、壮大な建物は毅然とした存在感を残している。
    
201411101333040b7.jpg
                 20141110133437d37.jpg20141110133824b0b.jpgフランス人技術者に作り方を教わって瓦職人により焼き上げられたレンガが、建物をしっかり支え、木骨レンガ造りの壮大な建物は、かって日本が開発した生糸の大量生産技術を一部の特権階級のものであった絹を、世界中の人々に広め、当時世界大規模を誇った「富岡製糸場」
平成26年「2014年」ユネスコ世界遺産に登録されました。

                                  20141110134102015.jpg
特に印象に残ったのは当時の女工さん「工女」の写真。写真の写真なのでだいぶぼけていますが、140mもの長さの繰糸場にはかま姿の女工さんが、並んだすがたは、圧巻です。
                          20141110134212972.jpg

2014111013303530f.jpg
古布に興味のある方は、一度訪れてみてはいかがでしょうか、140年たってもびくともしない、この異国風の建物を見るだけでも、絹か盛んだった時代に想いをはせることができます。
時代の流れとは言え、個人的には新素材もいいですが、繭が作り出した魅惑の糸「絹」
つややかで、しなやか、真珠色に輝く昔の絹に出会うと、もしかして、ここで、作られたかも知れないと思うと
ちょっと感慨深いものがあります。

2014年武の夏祭りピックアップ

2014年7月13日 神奈川県横須賀市武 夏祭りピックアップ
あまりの可愛さに、パチリ
20140716125645c22.jpg
夏がきたんだなと思う瞬間てす201407161301418d4.jpg
20140716130022a2c.jpg
201407161300550da.jpg<ロイヤルショップ/a>
20140716125840453.jpg粋な小物を発見。印伝のポシェット
今は一般的になった男のピアス20140716125905beb.jpg
20140716125719fb1.jpg
<屋台の中で太鼓をたたくまでには、随分と練習が必要です2014071612543487f.jpg
最近は年配者に交じって太鼓をたたく20140716125353414.jpg子供たちが増えてきました。
20140725142739be8.jpg20140723160751351.jpg
風船欲しさに子供が群がっています。
子供にゆめを与えてくれる。ピエロさんご苦労様です。
お祭りもこんなイベントがあると、一味加わり、華やかなものになります。
ほんのひと時ですが、夏の風物詩。神奈川県横須賀市武の夏祭り風景でした。

陶芸体験[第3回作品]

                          陶芸体験「第3回作品」

はじめてろくろに挑戦しました。出来上がりはとてもしっかりしたものができました。
しかしです。初めてなので、先生にマンツーマンで、指導を受け、つきっきりになってしまい、仕上げはほとんど先生でした。
これは何回か回数を重ねないとです。かなり苦戦しました。
もう一人絵付けに挑戦した方がいました。素焼きのお茶碗に
世界遺産の富士山を描いて、とても味わい深いものができました。
なんと90歳のおばあちゃんです。
 
何人かが初手法を経験し、回を重ねるごとに、面白味が増してくるものだという感想です。
「ものづくり」の魅ロイヤルショップ力は、こういうところにあり、いつしかはまってしまう人の気持ちがわかるような気がします。

第3回陶芸体験教室

                   第3回陶芸体験教室
                   平成26年5月25日
          20140525105329060.jpg

今回は素焼きの絵付けと電動ろくろを回しての器づくりに挑戦しました。

電動ろくろは先生に下地作りをしてもらい、途中アドバイスを受けながら、初めてなのでマンツーマンのでの制作でした。
説明に体がついていけない状態でしたが。何とか形になりました。。。。は一日にして成らずです。

左は電動ろくろで、右は素焼きのお茶碗に富士山の絵付け
12c17.jpg" target="_blank">

1か月後の完成が楽しみです。